LBP9500Cを長く使うには

LBP9500Cの人気の秘密

LBP9500Cは2009年3月10日に発売されたキャノンのレーザープリンターです。
A3サイズに対応しており、フルカラー印刷の美しさに定評がある人気機種でした。現在はすでに生産中止となっていますが、中古市場では今でもその人気は衰えることがなく、コンディションの良いBP9500Cには高値が付けられています。LBP9500Cは家庭での使用から、企業のオフィスでの使用まで幅広い現場で使われてきました。
幅が約55センチ、奥行きが約60センチ、高さ約36センチという大きな筐体で重さは実に34キログラムにも及びます。



LBP9500C専用のオプションとして販売されていたペーパーフィーダなどを含めるとさらに重量が重くなります。
このような大型レーザープリンターでありながらも、家庭での使用が多かったのにはいくつかの理由があります。



人気を理由の一つはプリントアウトできる用紙サイズが幅広い点です。


封筒からA3用紙まで幅広く対応しているレーザープリンターは、当時価格が30万円以上するのが一般的でした。しかし、キャノンのLBP9500Cは希望小売価格が約20万円となっており、一般ユーザーでも手の出る価格であったことが普及に大きな役割を果たしたと考えられています。



カラー印刷の美しさに定評のあるキャノン社製のレーザープリンターが格安で手に入るということで、それまで高価なために購入を諦めていた個人ユーザーの需要を掘り起こしたことが成功のキーポイントとなりました。

    関連リンク

    • カートリッジ322IIはカラー3色とブラック

      カートリッジ322IIはキヤノン製レーザープリンターのトナーで適応機種はLBP9650Ciを初め、LBP9510C、LBP9600C、LBP9500C、LBP9200C、LBP9100Cの7モデルのレーザープリンターに利用することが出来ます。カートリッジ322IIはブラック、シアン、マゼンダ、イエローの4色構成になっており、何れかのトナーが無くなった場合には印字が出来なくなるため、トナー残量をチェックしておいて、トナーが無くなる前に購入してストックしておくことがお勧めです。...

      detail
    • MV-HPML30Aの賢い購入方法

      MV-HPML30Aはパナソニックが販売するプリンターです。MedicomMV-HPML30Aの交換用トナーカートリッジは、パナソニックの純正品のほかに株式会社グラフィックのMV-HPRBS30AやMV-HPRB30Aをはじめてとした社外品が利用できます。...

      detail